住宅ローンを賢く借りるには?

 

住宅ローンを借りようかな?と思っていらっしゃる方は、もうどこの金融機関の住宅ローンを借りるか決めましたか?
住宅ローンは長いおつきあいです。
30年前後、安心してお取引できるように、きちんと慎重に選びましょう。
まだ、どこのローンかお決まりでない方のために、住宅ローンの銀行の選び方をご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。
住宅ローンの銀行の選び方ですが、私は以下の点に重点を置いて選びました。
1.金利が低いこと。
やっぱり、金利は一番大切な条件ですよね。
長期のローンとなると、ちょっとした金利の差だと思っていても、最終的には支払い総額が大きく変わってきますので、金利にはこだわりました。
2.繰り上げ返済が簡単にできること。
ローンを借りる上で、繰り上げ返済ができるということは、支払い総額を下げるためには必要なことです。
特に、繰り上げ返済の際に、手数料がかかるかどうか?についてもきちんとチェックが必要です。
3.事務手数料、団体信用生命保険料
これらは、銀行のローンによって、無料のものもあります。
結構大きな数字になることもありますので、住宅ローン比較の際には、この数字もきちんと確認しましょう。
4.口コミがいいこと。
住宅ローンの銀行を選ぶ際には、きちんと口コミも調べておきましょう。
口コミは実際の利用者の声ですから、利用者の声を事前に確認することで、よりいっそう良い金融機関と出会えることになるのです。
これらを比較の上で、我が家にぴったりの住宅ローンを選びました。
我が家にぴったりというのは、各家庭によってぴったりの条件は異なると思いますので、それぞれのご家庭で判断されるといいと思います。
ただし、同じような内容をチェックいただくことは有意義なことではないでしょうか?ある程度同じ視点から、複数の金融機関を比較することで、客観的な判断ができるようになるからです。
でも、自分でいろいろ比較検討するのは、やっぱりちょっと苦手だし面倒だな。
と思っていらっしゃる方には、もっと簡単な比較方法を紹介させていただきます。
それは、インターネットで住宅ローンの比較サイトをチェックすることです。
比較サイトであれば、主要な住宅ローンに関する基礎情報、口コミ等がすべてとりまとめられていますので、自分で比較判断するのが容易にできますので、良いのではないでしょうか?
いずれにしても、住宅ローンはきちんと比較検討してみてくださいね。

住宅ローン借り換えの銀行選びの参考サイト

住宅ローン借り換え手数料が安いのは?…住宅ローンを借り換えたいと思ったときにほとんどの人が注目するのが金利だと思います。今はこれだけ金利が安くなっているから、かなり節約できるんだろう!そう期待するのも当然のこと。しかし実際には借り換えをするだけで返済額が減るわけではありません。住宅ローン借り換えは新しく住宅ローンを借りるのと同じこと。ですからあなたが住宅ローンを借りたときのことを思い出していただければわかるように手数料や諸費用が思ったよりもたくさんかかるものなのです。その手数料が借り換えでも必要になります。ですから、借り換えをするときには手数料までしっかりと確認してから銀行を選んでください。